コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主観・客観 しゅかん・きゃっかん

百科事典マイペディアの解説

主観・客観【しゅかん・きゃっかん】

主観と訳されるラテン語subiectum(英語subject)の原義は〈基体〉〈主語〉で,元来ギリシア語ヒュポケイメノンの訳。一方,客観と訳されるラテン語obiectum(英語object)の原義は〈前方に投げられてあるもの〉,すなわち表象ないし観念の意。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

主観・客観の関連キーワードアベナリウスドイツ観念論リッケルト大森荘蔵ルカーチデカルト無分別智純粋経験志向性無差別カント

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android