コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世氏 くぜうじ

世界大百科事典 第2版の解説

くぜうじ【久世氏】

近世大名。譜代。村上源氏久我流を称する。広長のときに松平清康,広忠に仕え,その孫広宣は徳川家康に仕えて戦功があった。広宣の三男広之は秀忠に近侍して1648年(慶安1)万石に列し,若年寄,老中を務め,69年(寛文9)下総国関宿5万石を与えられた。その子重之は一時封を移されたが,1705年(宝永2)関宿にもどり,子孫は加増分知を経て5万8000石で相継ぎ,幕末の老中広周(ひろちか)ののち,減封により4万3000石で明治を迎えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

久世氏の関連キーワード亀山藩〈丹波国〉近世大名関宿藩庭瀬藩関宿城亀山藩吉田藩