コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世氏 くぜうじ

1件 の用語解説(久世氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くぜうじ【久世氏】

近世大名。譜代。村上源氏久我流を称する。広長のときに松平清康,広忠に仕え,その孫広宣は徳川家康に仕えて戦功があった。広宣の三男広之は秀忠に近侍して1648年(慶安1)万石に列し,若年寄,老中を務め,69年(寛文9)下総国関宿5万石を与えられた。その子重之は一時封を移されたが,1705年(宝永2)関宿にもどり,子孫は加増,分知を経て5万8000石で相継ぎ,幕末の老中広周(ひろちか)ののち,減封により4万3000石で明治を迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久世氏の関連情報