コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関宿 せきやど

5件 の用語解説(関宿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関宿
せきやど

千葉県北西端,利根川江戸川に挟まれる地区。旧町名。1889年町制。1955年二川村,木間ヶ瀬村と合体。2003年野田市に編入。中心地区は,江戸時代においては城下町として,また利根川江戸川水運の重要河港としても繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきやど【関宿】

千葉県北西端、野田市の地名。利根川江戸川の分流点にある。もと久世氏ほかの城下町。利根川水運の河港として繁栄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

関宿(せきじゅく)

三重県亀山市にある道の駅。国道1号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきやど【関宿】

千葉県北西端、野田市にある地名。近世、久世氏六万石の城下町。利根川と江戸川の分流点に当たり、明治中期まで利根川水運の河港として繁栄した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関宿
せきやど

千葉県北西部、東葛飾(ひがしかつしか)郡にあった旧町名(関宿町(まち))。現在は野田(のだ)市の北西部を占める一地区。利根(とね)川と江戸川に挟まれた台地と低地からなる。1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)木間ヶ瀬(きまがせ)、二川(ふたかわ)の2村と合併。2003年(平成15)野田市に編入。旧町域は、幹線交通路からははずれているが、利根川を挟んで東隣の茨城県坂東(ばんどう)市との間に下総(しもうさ)利根大橋(有料道路)が架かる。地名は、河川交通の要所をなし、関所があって宿場でもあったことに由来し、現在も関宿の地名が残る。1457年(長禄1)に簗田(やなだ)成助が城を築き、江戸時代、松平(久松)康元(やすもと)4万石(関宿藩)が配されて城下町が整うとともに、利根川水運の拠点として問屋、船宿が建ち並び大いににぎわった。明治中期以後、利根運河が開かれて河川交通は衰え、農村集落へと変容した。地域の大半は微高地にあって、トマト、ナスなどの近郊野菜の生産が多く、ついで米作、酪農が行われている。1960年代以降、急激な都市化が進んだ。江戸川と利根川の水位調節用につくられた関宿閘門(こうもん)や、当地出身で第二次世界大戦終戦時の宰相鈴木貫太郎の記念館、将棋名人関根金次郎の墓、足利晴氏(あしかがはるうじ)、船橋随庵(ふなばしずいあん)らの墓がある宗英寺、復原天守閣をもつ県立関宿城博物館などがある。[山村順次]
『奥原謹爾著『関宿志』(1973・関宿町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関宿の関連キーワード江戸川野田稲敷関宿[町]野田[市]茨城県稲敷郡河内町茨城県猿島郡境町茨城県北相馬郡利根町千葉県印旛郡栄町千葉県野田市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関宿の関連情報