久松定謨(読み)ひさまつ さだこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松定謨 ひさまつ-さだこと

1867-1943 明治-大正時代の軍人。
慶応3年9月9日生まれ。明治5年もと伊予(いよ)松山藩主久松(松平)定昭養子となり家督をつぐ。フランスのサン-シール陸軍士官学校でまなぶ。フランス公使館付武官,近衛歩兵第一連隊長,歩兵第五・第一旅団長などをつとめ,大正9年陸軍中将。昭和18年2月19日死去。77歳。江戸出身。旧姓は松平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android