コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定昭 じょうしょう

1件 の用語解説(定昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定昭 じょうしょう

906-983 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)6年生まれ。藤原師尹(もろただ)の子。仁斅(にんこう)に法相(ほっそう)をまなび,寛空(かんぐう)に灌頂(かんじょう)をうける。興福寺一乗院をひらく。天元2年金剛峰寺(こんごうぶじ)座主(ざす)となり,東寺長者・法務をつとめ,大僧都(だいそうず)にすすんだ。天元6年3月21日死去。78歳。通称は嵯峨(さが)僧都,一乗院僧都。法名は定照とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の定昭の言及

【一乗院】より

…法相宗。10世紀の末ころに興福寺別当定昭(じようしよう)が興福寺西御門の北東部に建立した子院で,長講堂と称し,大日如来,阿弥陀仏像を安置していた。定昭は法相教学を仁斅(にんこう)に,寛空に灌頂をうけ,吉野の金峯山寺検校,東寺長者にもなり,970年(天禄1)に興福寺別当に補任された。…

※「定昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定昭の関連キーワード安倍基尚円賀戒撰寛忠姉長意常明親王敏子内親王藤原寛子(1)源近善良円(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定昭の関連情報