コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定昭 じょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定昭 じょうしょう

906-983 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)6年生まれ。藤原師尹(もろただ)の子。仁斅(にんこう)に法相(ほっそう)をまなび,寛空(かんぐう)に灌頂(かんじょう)をうける。興福寺一乗院をひらく。天元2年金剛峰寺(こんごうぶじ)座主(ざす)となり,東寺長者・法務をつとめ,大僧都(だいそうず)にすすんだ。天元6年3月21日死去。78歳。通称は嵯峨(さが)僧都,一乗院僧都。法名定照とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の定昭の言及

【一乗院】より

…法相宗。10世紀の末ころに興福寺別当定昭(じようしよう)が興福寺西御門の北東部に建立した子院で,長講堂と称し,大日如来,阿弥陀仏像を安置していた。定昭は法相教学を仁斅(にんこう)に,寛空に灌頂をうけ,吉野の金峯山寺検校,東寺長者にもなり,970年(天禄1)に興福寺別当に補任された。…

※「定昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定昭の関連キーワード久松 定謨久松 勝成三輪田高房おとり捜査久松定昭菅沼定実三上是庵松平勝成久松定謨菅沼氏高田亘延喜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android