コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久津媛 ひさつひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久津媛 ひさつひめ

豊後(ぶんごの)国風土記」にみえる巫女(みこ)。
景行天皇が熊襲(くまそ)を討っての帰途,筑後(ちくご)(福岡県)生葉(いくは)の行宮(あんぐう)を出発して豊後(大分県)のある(こおり)に到着した際,代表してでむかえた。このことから久津媛の郡とよばれたが,のち転訛して日田(ひたの)郡になったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久津媛の関連キーワード景行天皇

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android