日田(読み)ひた

精選版 日本国語大辞典「日田」の解説

ひた【日田】

大分県西部の地名筑後川の上流域日田盆地にある。文祿三年(一五九四豊臣秀吉直轄地となり、江戸時代は天領となって西国筋郡代役所が置かれた。の美林をひかえ、木工業がさかん。広瀬淡窓の私塾咸宜園(かんぎえん)国史跡)などがある。昭和一五年(一九四〇市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「日田」の解説

ひた【日田】

大分県西部、筑後川上流域にある市。もと城下町。日田杉を産し木工業が盛ん。広瀬淡窓の私塾咸宜園かんぎえん跡がある。平成17年(2005)3月に日田郡5町村を編入。人口7.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android