コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米の皿山 くめのさらやま

大辞林 第三版の解説

くめのさらやま【久米の皿山】

岡山県津山市にある山。⦅歌枕⦆ 「美作みまさかや-さらさらに/古今 神遊びの歌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久米の皿山
くめのさらやま

岡山県中央部、津山市南部の旧佐良山(さらやま)村の地域をいう。吉井川の支流皿川下流域で、佐良山、嵯峨(さが)山、笹(ささ)山などの山々があるが、どれが久米の皿山と比定するかは諸説がある。歌枕(うたまくら)の地で、とくに『古今集』巻20の「美作(みまさか)やくめのさら山さらさらにわがなはたてじよろづよまでに」の歌が有名。また『増鏡(ますかがみ)』には、後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐(おき)へ配流の途次に、久米の皿山を越え、「聞きをきし久米のさら山越えゆかん道とはかねて思ひやはせし」と詠んだことが記されている。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久米の皿山の関連キーワード岡山県津山市神遊び皿山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android