途次(読み)トジ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 あるところへ向かって行く間の、まだ到着しないうち。みちすがら。みちのついで。途中。みちみち。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「ボールトン邑に達す、此はスタッフォルト州の一都邑にて、此にビール〈略〉醸造の地なるを以、途次に其場に至る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途次の関連情報