途次(読み)とじ

精選版 日本国語大辞典「途次」の解説

と‐じ【途次】

〘名〙 あるところへ向かって行く間の、まだ到着しないうち。みちすがら。みちのついで。途中みちみち
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「ボールトン邑に達す、はスタッフォルト州の一都邑にて、此にビール〈略〉醸造の地なるを以、次に其場に至る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「途次」の解説

【途次】とじ

途中で宿る。塗次。〔福恵全書、筮仕部、起程〕束裝の時、(すべか)らく一の行李細單を記すべし。~一一號に照らして開記し、以ての取用にす。

字通「途」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android