コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井川 よしいがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉井川
よしいがわ

岡山県東部の川,県北端の鏡野町上齋原に発し,南流して児島湾に注ぐ。全長 136km。中国山地では奥津渓などの峡谷を刻み,津山盆地で久米川,皿川,加茂川などを合流したのち,吉備高原の東部を貫流しつつ,最大の支流吉野川を合わせ,和気 (岡山県和気町) 付近で岡山平野に出て,のち児島湾に注ぐ。古くから美作と備前を結ぶ重要な水路で,近世角倉了以吉井川の高瀬舟を見習って底の浅い舟が通行できる運河として,京都に高瀬川を掘ったといわれる。舟運の遡航の上限は本流では津山,支流吉野川では美作倉敷 (美作市林野) 。岡山市西大寺地区の金岡,その上流の和気など多くの河港や船頭集落が発達した。 1931年片上鉄道の開通により舟運は終わりを告げた。上流部は発電所,下流部には田原用水をはじめ岡山平野を灌漑する大規模用水の取水堰がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よしい‐がわ〔よしゐがは〕【吉井川】

岡山県東部を流れる川。鳥取県境の中国山地三国(みくに)山に源を発して南流し、岡山市西大寺で児島湾に注ぐ。長さ133キロ。上流域は人形峠東方の恩原高原。津山盆地で加茂川を合わせ、さらに吉野川と合流し岡山平野の東部を流れる。上流部は発電に、下流部は灌漑(かんがい)に利用される。近世、高瀬舟による水運が活発だった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉井川【よしいがわ】

岡山県東部の川。長さ133km,流域面積2060km2。中国山地の三国山に発して南流,津山盆地で加茂川を合わせ,吉備(きび)高原を南流して,吉井町(現・赤磐市)で吉野川,和気町で金剛川を合流,岡山市西大寺の南で児島湾に注ぐ。
→関連項目岡山[県]岡山平野奥津[町]長船[町]熊山[町]佐伯[町]瀬戸[町]津山盆地東[区]福岡市福岡荘美作[町]柵原[町]湯郷[温泉]吉井[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしいがわ【吉井川】

岡山県東部の川。旭川,高梁(たかはし)川とともに県の三大河川の一つで,県東部の大半をその流域とする。幹川流路延長133km,全流域面積2060km2。中国山地の三国山(1252m)に源を発し,津山盆地で加茂川を合わせ,吉備高原を流下する途中,吉井町で大支流の吉野川と合流,さらに和気(わけ)町で金剛川と合流して岡山平野に出,児島湾に注ぐ。古くは雄神(おがみ)川,和気川,近世以後は東大(ひがしおお)川,吉井川と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕吉井川(よしいがわ)


岡山県東部を流れる川。1級河川(吉井川水系)。延長133km。流域面積2110km2。高梁(たかはし)川・旭(あさひ)川とともに同県3大河川の一つ。中国山地の恩原(おんばら)貯水池付近に源を発し、南流して津山(つやま)盆地を東流、吉野(よしの)川・金剛(こんごう)川を合わせて岡山市で児島(こじま)湾に注ぐ。江戸時代には高瀬舟による水運が発達し、河口港だった西大寺(さいだいじ)港を経由して津山城下町と津山藩領だった小豆(しょうど)島土庄(とのしょう)港や大坂方面と結んだ。昭和初期まで中流の柵原(やなはら)鉱山の鉱石搬出の輸送路でもあった。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉井川
よしいがわ

岡山県の三大河川の一つ。一級河川。鳥取県境の中国山地三国(みくに)山(1252メートル)に発し、津山盆地で加茂(かも)川と合流、吉備(きび)高原を下刻して南下し吉野川と合流し、吉備高原を出た所で金剛(こんごう)川をあわせ、岡山平野東部を流れて児島(こじま)湾に注ぐ。延長133キロメートル、流域面積2110平方キロメートル。古くは雄神(おがみ)川、和気(わけ)川、近世以後は東大(ひがしおお)川、吉井川とよばれた。1607年(慶長12)に角倉了以(すみのくらりょうい)が美作(みまさか)和気川の舟運盛行をみて、河川交通の発達に尽くした史実から、古くより高瀬舟交通が発達していたことが知られる。津山盆地と岡山城下を結ぶ交通の大動脈で、川筋には津山、長岡(久米(くめ)郡美咲(みさき)町栗子(くりご))、飯岡(ゆうか)(美咲町)、倉敷(くらしき)(美作市林野(はやしの))、周匝(すさい)(赤磐(あかいわ)市)、田原(和気郡和気町)などの河港があり、番所も所々に設けられた。舟運は昭和初期の中国鉄道(JR津山線)の敷設まで続いた。現在、主として農業用水に利用され、下流に田原井堰(たはらいぜき)、板根井堰があって、田原用水、邑久(おく)の大(おお)用水、倉安川などの大灌漑(かんがい)用水路がつくられた。過去に何度か大水害を起こし、第二次世界大戦以後、建設省(現国土交通省)によって大規模な改修工事がなされた。本流にはダムがなかったが、2005年(平成17)上流の鏡野町に苫田(とまた)ダムが完成し、奥津湖が誕生した。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉井川の言及

【福岡市】より

…中世備前国福岡荘内に成立した市場。福岡荘は吉井川の河口に近く船の遡上が可能で,山陽道との交点に当たることから備前南部の物資集散の要衝となった。米,材木のほか,吉井,長船(おさふね),福岡の備前刀,香登(かがと),伊部(いんべ)の備前焼などの取引が行われ,その繁栄のようすは《一遍聖絵(いつぺんひじりえ)》や,今川了俊の《道ゆきぶり》にも描かれて,全国的にも著名な市であった。…

※「吉井川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉井川の関連キーワード吉井川中流県立自然公園岡山県岡山市東区西大寺福岡(岡山県)上斎原[村]上齋原〈村〉英田[町]長船[町]美咲[町]加茂[町]津山[市]瀬戸[町]和気[町]吉永[町]吉井〈町〉勝田[町]美作〈町〉吉井[町]邑久[町]加茂〈町〉佐伯[町]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉井川の関連情報