コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久邇宮邦彦王 くにのみや くによしおう

美術人名辞典の解説

久邇宮邦彦王

久邇宮朝彦親王の第三王子。香淳皇后(良子皇太后)の父。陸軍大佐・近衛師団長等を歴任。また殖産興業・美術工芸・文学宗教などの発展に貢献した。昭和4年(1929)薨去、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久邇宮邦彦王 くにのみや-くによしおう

1873-1929 明治-昭和時代前期の皇族,軍人。
明治6年7月23日生まれ。久邇宮朝彦親王の第3王子。明治24年久邇宮家2代をつぐ。陸軍にはいり,大正12年大将,軍事参議官。明治32年に島津俔子(ちかこ)と結婚。第1王女良子(ながこ)は香淳(こうじゅん)皇后(昭和天皇皇后)となった。昭和4年1月27日死去。57歳。陸軍大学校卒。幼称は世志宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久邇宮邦彦王の関連キーワード久邇宮俔子久邇 邦久久邇 俔子東久邇稔彦三条西信子久邇俔子大谷智子邦彦王皇族

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android