コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久邇朝融 くに あさあきら

1件 の用語解説(久邇朝融の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久邇朝融 くに-あさあきら

1901-1959 大正-昭和時代前期の皇族,軍人。
明治34年2月2日生まれ。久邇宮邦彦(くによし)王の第1王子。香淳(こうじゅん)皇后(昭和天皇皇后)の兄。昭和15年木更津海軍航空隊司令,19年第二十連合航空隊司令官,20年海軍中将。戦後は皇族の身分をはなれ,大協石油顧問,日本セパード犬協会総裁などをつとめた。昭和34年12月7日死去。58歳。海軍大学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久邇朝融の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画正岡子規細雪フィルムは生きている安保闘争VIVOカクランノルデンショルド

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone