コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久邇朝融 くに あさあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久邇朝融 くに-あさあきら

1901-1959 大正-昭和時代前期の皇族,軍人。
明治34年2月2日生まれ。久邇宮邦彦(くによし)王の第1王子。香淳(こうじゅん)皇后(昭和天皇皇后)の兄。昭和15年木更津海軍航空隊司令,19年第二十連合航空隊司令官,20年海軍中将。戦後は皇族の身分をはなれ,大協石油顧問,日本セパード犬協会総裁などをつとめた。昭和34年12月7日死去。58歳。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久邇朝融の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックス岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題クリーブランド・インディアンス清水宏世界のおもな博物館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android