乙種合格(読み)おつしゅごうかく

デジタル大辞泉「乙種合格」の解説

おつしゅ‐ごうかく〔‐ガフカク〕【乙種合格】

もと徴兵検査で、甲種に次ぐ合格順位。のちに第1、第2などの段階ができた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乙種合格の言及

【徴兵検査】より

…徴兵検査受検義務者を壮丁と称した。 徴兵検査の結果,体位,健康状態によって甲種・乙種合格(以上現役に適する者),丙種合格(現役に適しないが国民兵役に適する者),丁種不合格,戊種(翌年再検査)に分類された。分類基準は,体位では主として身長により(時期により変更があったが,兵役法制定段階では身長1.5~1.55mが丙種,1.5m以下が丁種),甲種と乙種の区分は身長と胸囲の比率によった。…

※「乙種合格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android