コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴兵検査 チョウヘイケンサ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうへいけんさ【徴兵検査】

徴兵制度のある国で徴兵年齢に達した者に対して行う身体検査。日本では徴兵令あるいは兵役法にもとづいて個々の男子青年の兵役への服役のしかたを定めるために行われた。前年12月1日から当年11月30日までに満20歳に達する男子青年を徴兵適齢者といい,就学中などのため徴集延期中の者を除く徴兵適齢者および徴集延期期限の切れた者を対象に徴兵検査を行った。徴兵検査受検義務者を壮丁と称した。 徴兵検査の結果,体位,健康状態によって甲種・乙種合格(以上現役に適する者),丙種合格(現役に適しないが国民兵役に適する者),丁種不合格,戊種(翌年再検査)に分類された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうへいけんさ【徴兵検査】

旧兵役法で、徴兵適齢者に対して兵役に服する資格の有無を身体・身上にわたり検査したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徴兵検査
ちょうへいけんさ

旧徴兵令、旧兵役法の下で兵役の適否を判定するため壮丁の体格、身上などを検査したもの。毎年、各徴兵区において徴兵適齢の壮丁(満20歳)を召集して徴兵官が実施する。徴兵検査受検者は、その体格に応じて、甲種・乙種・丙種・丁種・戊(ぼ)種に区分され、甲・乙種が現役に適する者、丙種が国民兵役に適する者、丁種が兵役に適しない者、戊種が適否を判定しがたい者(徴兵延期)とされた。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

徴兵検査の関連キーワード笑福亭松鶴(6世)韓国の徴兵制度県内の出征兵士籤逃れ・籖逃れ三國連太郎国木田独歩糸居 五郎朝吹 英一林 伊佐緒田村 嘉平真田増丸松岡荒村小熊秀雄石原 忍遠藤周作安藤正楽小栗風葉学徒出陣伊志井寛甲種合格

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徴兵検査の関連情報