コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九六式艦上戦闘機 きゅうろくしきかんじょうせんとうき

1件 の用語解説(九六式艦上戦闘機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九六式艦上戦闘機
きゅうろくしきかんじょうせんとうき

日本海軍の艦上戦闘機。日本で初めての低翼単葉全金属製でもある。 1934年に出された海軍の要求に基づいて三菱重工業堀越二郎を中心に開発。世界で初めて沈頭鋲を考え出し,日本初のスプリット・フラップを採用するなど,固定脚ではあったが,当時としては世界水準を抜く高性能の近代的戦闘機として,1936年に制式採用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九六式艦上戦闘機の関連キーワード零戦雷電零式艦上戦闘機艦籍支援戦闘機ゼロ戦肉ジャガ海軍工廠五十嵐勇艦上戦闘機

九六式艦上戦闘機の関連情報