コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀越二郎 ほりこしじろう

4件 の用語解説(堀越二郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀越二郎
ほりこしじろう

[生]1903.6.22. 群馬,藤岡
[没]1982.1.11. 東京
航空機設計者,航空評論家。零式艦上戦闘機 (零戦) の設計者として世界的に知られる。 1927年東京帝国大学工学部航空学科卒業,同年三菱内燃機名古屋航空機製作所に入社。軍用機の設計に従事し,1929~30年ドイツアメリカ合衆国に留学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほりこし‐じろう〔‐ジラウ〕【堀越二郎】

[1903~1982]航空機設計者。群馬の生まれ。昭和14年(1939)完成の旧日本海軍の主力戦闘機、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を設計。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀越二郎 ほりこし-じろう

1903-1982 昭和時代の航空技術者。
明治36年6月22日生まれ。昭和2年三菱内燃機(現三菱重工業)名古屋航空機製作所に入社。ドイツ,アメリカに留学。昭和14年完成の海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を設計した。戦後,中型輸送機YS-11の開発にかかわり,日本航空学会会長,防衛大学校教授などを歴任。昭和57年1月11日死去。78歳。群馬県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀越二郎
ほりこしじろう
(1903―1982)

(れい)式艦上戦闘機(ゼロ戦)を担当した飛行機設計者。群馬県に生まれる。1927年(昭和2)東京帝国大学工学部航空学科を卒業、三菱(みつびし)内燃機製造名古屋工場(現、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所)に入社した。日本海軍の九六式艦上戦闘機(1936)で成功を収め、ついで零式艦上戦闘機(1940)を設計した。太平洋戦争におけるゼロ戦の圧倒的成果は、長大な航続距離と優秀な操縦性能によるもので、整然と確立された設計思想とたゆまぬ研究の結果である。戦後、ゼロ戦操縦装置の基本理論で工学博士となり、東京大学宇宙航空研究所(現、宇宙航空研究開発機構=JAXAを構成する宇宙科学研究所)、防衛大学校、日本大学などで教職につき、1962年(昭和37)日本航空学会(現、日本航空宇宙学会)会長を務めた。1957年に始められた国産旅客機YS-11の開発・設計にも携わった。[佐貫亦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀越二郎の言及

【ゼロ戦】より

…旧日本海軍が,日中戦争から太平洋戦争全期にわたって使用した艦上戦闘機。1937年から三菱重工業が堀越二郎を設計主任として開発を行い,39年初飛行,以後海軍により試験・改良が行われ,40年(皇紀2600年)制式採用となった。皇紀の末尾数字を取って零式といわれるが,アメリカが“ゼロ・ファイター”と呼んだため,ゼロ戦の呼名が戦後普通になった。…

※「堀越二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀越二郎の関連キーワードAMRシコルスキー技術者工藤富治河野文彦近藤健男中尾徹夫中西不二夫守屋富次郎山名正夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀越二郎の関連情報