コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九助 きゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九助 きゅうすけ

1802-? 幕末の漂流民。
享和2年生まれ。紀伊(きい)日高郡(和歌山県)の天寿丸船頭。嘉永(かえい)3年伊豆(いず)沖で遭難し,2ヵ月あまり漂流して千島沖でアメリカの捕鯨船ヘンリー-ニーランド号に救助される。ハワイにおくられ中浜万次郎とであう。翌年香港,上海などをへて長崎に帰着。別名に虎吉,寅吉,虎蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

九助の関連キーワード岸沢 竹遊斎(2代目)小室藩(近江国)奈河篤助(初代)麹屋伝兵衛松村八次郎功子内親王丸屋九兵衛野呂松廬文珠九助高木広正藪内剣仲小堀政方佐蔵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九助の関連情報