コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰着 キチャク

デジタル大辞泉の解説

き‐ちゃく【帰着】

[名](スル)
帰りつくこと。「無事母港に帰着する」
いろいろの過程を経て、最終的に落ち着くこと。「結局は最初の案に帰着した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちゃく【帰着】

( 名 ) スル
帰りつくこと。 「三日後に故国へ-する」
いろいろな経過をたどって、ある状態や結果に落ち着くこと。帰結。 「結論は常識の線に-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の帰着の言及

【租税】より

…単税制度の例としては,重農学派の代表者ケネーの〈土地単税制度〉が有名である。あらゆる租税は転嫁して結局は土地の純生産物に帰着するから,土地収益に直接課税するのが最も効率的と考えて,土地の純生産物に対する単一の租税を提唱した。ところが現実には,単税制度をとっている国はどこにもない。…

※「帰着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帰着の関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調/piano solo繰り込み理論・繰込み理論ダランベールの原理国内旅行傷害保険落ち行く・落行く立方体倍積問題責め一人に帰す六兵衛(2)食料システムマルサス主義大村治五平伝蔵(2)定数変化法間接消費税統一場理論ダッシュバイロン二体問題帰り着く五右衛門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰着の関連情報