九十九里県立自然公園(読み)くじゅうくりけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九十九里県立自然公園
くじゅうくりけんりつしぜんこうえん

千葉県東部,九十九里浜を中心に内陸の下総台地の景勝地を含む自然公園。面積 32.53km2。 1935年指定。 66年区域拡張。海水浴場が連続するが,古い砂丘列間の湿地には食虫植物群落がみられ,天然記念物に指定されている。付近に僧行基の開いたといわれる波切不動,歌人伊藤左千夫生家がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android