コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九十九里浜 くじゅうくりはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九十九里浜
くじゅうくりはま

千葉県東部,太平洋に面する北の刑部 (ぎょうぶ) 岬から南の太東崎に続く弓状砂浜海岸。長さ約 60km。6町=1里 (旧制) で 99里あるところから命名されたと伝えられる。海食台の相対的隆起と波浪による漂砂の堆積により形成された。イワシの回遊が多く,戦国時代末から地引網漁業が始ったが,明治時代初期からあぐり網漁業と交代した。漁業の発展は海浜に納屋を常設させ,納屋集落をつくった。現在は海水浴場としてにぎわっている。 1935年九十九里県立自然公園に指定。浜の内側に九十九里道路が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くじゅうくり‐はま〔クジフクリ‐〕【九十九里浜】

千葉県東部の弧状の砂浜海岸。北は刑部(ぎょうぶ)岬から南の太東崎(たいとうざき)まで、長さ約60キロ。1里を6町(約600メートル)として99里あることによる名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

九十九里浜【くじゅうくりはま】

千葉県の太平洋岸,北の飯岡から南の太東崎まで約60kmにわたる海岸。近世以降活況を呈したイワシ地引網を営む集落が発達,干鰯(ほしか)の一大産地となる。沿岸北半部の集落は浜,南半部の集落は納屋と呼ばれ(納屋集落),いずれも背後に鎌倉期に開発された岡集落がある。
→関連項目飯岡[町]太東崎東金街道房総半島

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くじゅうくりはま【九十九里浜】

千葉県北東部,太平洋に面する砂浜海岸。北の刑部(ぎようぶ)岬から南の太東崎まで60km続く。矢指浦とも呼び,6町を1里として矢を砂浜に立てて測ったところ99里あったのが地名の起源という頼朝伝説が残る。臨海村落は3列で内陸から岡を語尾とする岡集落,その前面に新田を語尾とする新田集落,さらに南半は納屋,北半は浜を語尾とする納屋集落が並ぶ。九十九里浜は古くからイワシ漁で有名な地で,地引網は戦国末期に関西の漁民の技術を導入して始まったといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くじゅうくりはま【九十九里浜】

千葉県東部、刑部岬から太東崎たいとうざきまでの約60キロメートルの砂浜海岸。海岸沿いに九十九里平野が展開する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕九十九里浜(くじゅうくりはま)


千葉県東部、房総(ぼうそう)半島の基部東側にある砂浜海岸。北の刑部(ぎょうぶ)岬から南の太東(たいとう)崎まで弧状に延びる。長さ約60km。遠浅の海岸で、防風・防砂の松林が続き、背後に九十九里平野がある。戦国時代から地引き網のイワシ漁、明治期からは揚繰(あぐ)り網漁が行われたが、砂浜で良港がなく水揚げ港は銚子(ちょうし)港などに代わられた。海水浴場が多数あり、ウインドサーフィンの好適地。横芝(よこしば)海のこどもの国ほか各種レジャー施設や民宿が点在。南部を九十九里有料道路が走る。九十九里県立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九十九里浜
くじゅうくりはま

千葉県中東部、太平洋に面する長大な砂浜海岸。北は(あさひ)市飯岡(いいおか)の刑部岬(ぎょうぶざき)から南はいすみ市岬町(みさきちょう)地区の太東(たいとう)崎に至る長さ約60キロメートルの弧状の砂浜である。源頼朝(よりとも)が6町を1里として矢をさし、99里あったところから命名されたという伝説がある。隆起海岸に潮流が砂を運んで形成されたもので、高さ4~6メートルの数列の砂丘がみられる。砂浜は広くて飛砂を防ぐためにクロマツが植えられ、防砂垣が築かれている。近世、紀州からイワシ地引網が伝えられて干鰯(ほしか)が生産され、浜に納屋集落が発達した。明治以後は、2隻の船が沖合いでイワシ網を巻く揚繰(あぐり)網が取り入れられたが、砂浜に漁船を出し入れするのに多大の人力を要した。九十九里町作田(さくた)川に掘込み式漁港(片貝(かたかい)港)が建設され(1960)、集落をあげて船を押し出す「おっぺし」の風俗はみられなくなった。夏には各地に海水浴場が開設され、海浜レクリエーション施設や民宿が整備されてきたものの、太平洋の波が荒くなる8月に入ると海浜プールを利用する客が多くなる。海浜一帯は県立九十九里自然公園に指定され、南半部には九十九里有料道路が走る。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九十九里浜の言及

【網元】より

…後進地域においては何人かの個人による共同経営もありえたが,大部分は網元経営であったとみられる。 網元経営のやや具体的な理解のために九十九里浜の地引網経営を少しみよう。1780年(安永9)の佐藤信季の《漁村維持法》によれば,九十九里浜の地引網は総数200帖と称し,その盛大ぶりに驚いている。…

【上総国】より

…紀州栖原村の漁師角兵衛は,元和の初め外房千倉村付近に渡来し,1623年(元和9)ころ萩生村(富津市萩生)に移り,竹ヶ岡・萩生・金谷3ヵ浦の磯根でタイ漁の桂網を始めている。九十九里浜の地引網イワシ漁も,1555年(弘治1)南白亀浦(なばきうら)(長生郡白子町)に漂着した紀州人が漁法を伝えたのが創始といわれ(《房総水産図誌》),川津村矢の浦(勝浦市)では元和年間紀州からきた大甫七重郎が八手網(はちだあみ)を用いイワシ漁を始めたといわれる。1780年(安永9)に記した佐藤信季《漁村維持法》には九十九里浜の地引網数計200帖とある。…

【地引網(地曳網)】より

…後年の大地引網漁はほとんどこの方法による。近世期,イワシ漁業の大地引網の盛地は九十九里浜と肥後天草が名高く,漁船2艘,漁夫50~60人,引子100人を要するものもあった。九十九里浜の地引網漁は弘治年間(1555‐58)に紀伊漁民によって伝来されたもので,元禄~正徳期(1688‐1716)までは小規模網漁であった。…

※「九十九里浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九十九里浜の関連キーワード九十九里浜シーサイドオートキャンプ場オリンピック作戦とコロネット作戦千葉県山武郡九十九里町コタマガイ(小玉貝)光(千葉県の旧町名)ウインドサーフィン千葉県長生郡一宮町大網白里[町]片岡源右衛門九十九里平野千葉県山武市平井 康三郎成東[町]大利根用水蓮沼[村]野栄[町]改良揚繰網横芝[町]海上[町]飯岡[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九十九里浜の関連情報