コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九朝律考 きゅうちょうりつこうJiu-chao-lü-kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九朝律考
きゅうちょうりつこう
Jiu-chao-lü-kao

中華民国,程樹徳撰の書名。 20巻。初版 1927年。漢からにいたる九朝の散失した諸法を,史籍に散見する資料から広く捜し求めて考証を加え,刑制の輪郭を明らかにしようとしたもの。清朝以来の諸研究を承継した漢律考に最も重点がおかれている。中国法制史の研究上,類書の数少い重要な書物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

九朝律考の関連キーワード中華民国

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android