コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九朝律考 きゅうちょうりつこうJiu-chao-lü-kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九朝律考
きゅうちょうりつこう
Jiu-chao-lü-kao

中華民国,程樹徳撰の書名。 20巻。初版 1927年。漢からにいたる九朝の散失した諸法を,史籍に散見する資料から広く捜し求めて考証を加え,刑制の輪郭を明らかにしようとしたもの。清朝以来の諸研究を承継した漢律考に最も重点がおかれている。中国法制史の研究上,類書の数少い重要な書物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

九朝律考の関連キーワード中華民国

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android