コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九華瑞璵 きゅうか ずいよ

1件 の用語解説(九華瑞璵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九華瑞璵 きゅうか-ずいよ

1500-1578 戦国-織豊時代の僧。
明応9年生まれ。臨済(りんざい)宗。大隅(おおすみ)(鹿児島県)の人。儒学にも通じ,とくに詩文で知られた。天文(てんぶん)19年下野(しもつけ)(栃木県)足利学校の学頭となり,北条氏政(うじまさ)の帰依(きえ)をうけ,戦乱で荒廃した同校の復興につとめた。天正(てんしょう)6年8月10日死去。79歳。字(あざな)は玉崗(ぎょっこう)。号は九華老人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

九華瑞璵の関連キーワード丸山城アビス朝スペイン音楽尼子勝久高橋鑑種御館の乱奥多摩中距離競走足利学校デカスロン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone