コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九谷磁器窯跡 くたにじきかまあと

2件 の用語解説(九谷磁器窯跡の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

くたにじきかまあと【九谷磁器窯跡】


石川県加賀市山中温泉九谷町にある窯跡。温泉街から大聖寺(だいしょうじ)川沿いに約13kmさかのぼったところに位置する。連房式登り窯2基と藩政時代末期の吉田屋窯の3基からなる近世磁器窯跡で、九谷焼発祥地として1979年(昭和54)に国の史跡に指定され、2005年(平成17)には、山代温泉にある再興九谷窯を含めて追加指定を受けた。1号窯跡は推定長35m、2号窯跡は全長13mで、17世紀に造られた連房式登り窯。吉田屋窯跡は推定長16mで、19世紀に造られた窯とみられている。2基の窯跡および物原(陶片の捨て場)からは磁器、陶器片や窯道具が多量に出土し、磁器のなかでは白磁、青磁の生産が主体であったことがわかる。1号窯物原からは染付陶磁片がまとまってみられ、佐賀県有田地方に続いて、日本における磁器窯創始のころの様相を示している。現在は保存のため埋め戻されており、斜面にわずかながら3基の窯跡の窪地がみられ、再興九谷窯は、九谷焼窯跡展示館を併設している。JR北陸本線加賀温泉駅から加賀温泉バス「山中温泉」下車、徒歩すぐ。吉田屋窯跡へは、同バス「山代温泉東口」下車、徒歩約2分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九谷磁器窯跡
くたにじきようせき

古九谷古窯址」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九谷磁器窯跡の関連キーワード石川県加賀市山代温泉九谷町石川県加賀市山中温泉荒谷町石川県加賀市山中温泉市谷町石川県加賀市山中温泉風谷町石川県加賀市山中温泉九谷町石川県加賀市山中温泉下谷町石川県加賀市山中温泉菅谷町石川県加賀市山中温泉塚谷町石川県加賀市山中温泉片谷町石川県加賀市山中温泉我谷町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九谷磁器窯跡の関連情報