コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九谷磁器窯跡 くたにじきかまあと

国指定史跡ガイドの解説

くたにじきかまあと【九谷磁器窯跡】


石川県加賀市山中温泉九谷町にある窯跡。温泉街から大聖寺(だいしょうじ)川沿いに約13kmさかのぼったところに位置する。連房式登り窯2基と藩政時代末期の吉田屋窯の3基からなる近世磁器窯跡で、九谷焼発祥地として1979年(昭和54)に国の史跡に指定され、2005年(平成17)には、山代温泉にある再興九谷窯を含めて追加指定を受けた。1号窯跡は推定長35m、2号窯跡は全長13mで、17世紀に造られた連房式登り窯。吉田屋窯跡は推定長16mで、19世紀に造られた窯とみられている。2基の窯跡および物原(陶片の捨て場)からは磁器、陶器片や窯道具が多量に出土し、磁器のなかでは白磁、青磁の生産が主体であったことがわかる。1号窯物原からは染付陶磁片がまとまってみられ、佐賀県有田地方に続いて、日本における磁器窯創始のころの様相を示している。現在は保存のため埋め戻されており、斜面にわずかながら3基の窯跡の窪地がみられ、再興九谷窯は、九谷焼窯跡展示館を併設している。JR北陸本線加賀温泉駅から加賀温泉バス「山中温泉」下車、徒歩すぐ。吉田屋窯跡へは、同バス「山代温泉東口」下車、徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九谷磁器窯跡
くたにじきようせき

古九谷古窯址」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

九谷磁器窯跡の関連キーワード加賀市小松市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android