コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古九谷古窯址 こくたにこようし

1件 の用語解説(古九谷古窯址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古九谷古窯址
こくたにこようし

石川県加賀市に存在し,江戸時代前期に磁器を焼いた窯跡大聖寺川と杉ノ水川の合流地点の山麓にある。2基の階段状連房式登り窯が調査された。1号窯は 13室の焼成室と燃焼室 (胴木間) からなり,全長 34m以上。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古九谷古窯址の関連キーワード石川県加賀市片野町石川県加賀市加茂町石川県加賀市作見町石川県加賀市塩屋町石川県加賀市永井町石川県加賀市野田町石川県加賀市深田町石川県加賀市美岬町石川県加賀市宮町石川県加賀市森町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone