コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山代温泉 やましろおんせん

5件 の用語解説(山代温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山代温泉
やましろおんせん

石川県南西部,加賀市にある温泉。加越山地の北西麓,大聖寺川谷口右岸に位置する。泉源は中央にあり,共同浴場を囲んで旅館街が形成されている。僧行基の発見といわれ,近世に前田氏により再興された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やましろ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【山代温泉】

石川県加賀市山代にある温泉。泉質は単純温泉硫酸塩泉。付近に九谷焼窯元や万松園がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やましろおんせん【山代温泉】

石川県加賀市にある温泉。塩類泉。北陸の名湯の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕山代温泉(やましろおんせん)


石川県加賀(かが)市街地の南東郊にわく行楽向きの温泉。加賀温泉郷の一つ。約1200年の歴史があり、紅殻(べんがら)格子の旅館街と北陸随一の歓楽街で知られる。旅館街中心部にある総湯(共同浴場)の温泉浴殿、西寄りのダイナミックプールはともに大型の施設。大聖寺(だいしょうじ)川沿いの大堰宮(おおひのみや)公園はサクラの名所。また6月のしょうぶ湯祭が有名。九谷(くたに)焼の窯がある。ナトリウム-硫酸塩泉、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温66℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山代温泉
やましろおんせん

石川県南西部、加賀市にある温泉。山代は古代は山背郷(やましろごう)の地で、温泉は薬師山などの山麓(さんろく)にあり、行基(ぎょうき)の開湯と伝える。共同浴場山代浴殿の周囲には紅殻(べんがら)格子の旅館があり、古い温泉町の伝統を残す一方、近代旅館群が水田地帯に発展し県下一の規模を誇る。泉質は硫酸塩泉。九谷(くたに)焼の窯があり、6月のしょうぶ湯祭が有名。JR北陸本線加賀温泉・金沢・大聖寺(だいしょうじ)駅などからバスの便がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山代温泉の関連情報