コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山代温泉 やましろおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山代温泉
やましろおんせん

石川県南西部,加賀市にある温泉。加越山地の北西麓,大聖寺川谷口右岸に位置する。泉源は中央にあり,共同浴場を囲んで旅館街が形成されている。僧行基の発見といわれ,近世前田氏により再興された。泉質硫酸塩泉単純泉泉温は 66℃。神経痛リウマチにきく。加賀温泉郷の1つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

やましろおんせん【山代温泉】

石川県加賀市にある温泉。塩類泉。北陸の名湯の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕山代温泉(やましろおんせん)


石川県加賀(かが)市街地の南東郊にわく行楽向きの温泉。加賀温泉郷の一つ。約1200年の歴史があり、紅殻(べんがら)格子の旅館街と北陸随一の歓楽街で知られる。旅館街中心部にある総湯(共同浴場)の温泉浴殿、西寄りのダイナミックプールはともに大型の施設。大聖寺(だいしょうじ)川沿いの大堰宮(おおひのみや)公園はサクラの名所。また6月のしょうぶ湯祭が有名。九谷(くたに)焼の窯がある。ナトリウム-硫酸塩泉、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温66℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山代温泉
やましろおんせん

石川県南西部、加賀市にある温泉。山代は古代は山背郷(やましろごう)の地で、温泉は薬師山などの山麓(さんろく)にあり、行基(ぎょうき)の開湯と伝える。共同浴場山代浴殿の周囲には紅殻(べんがら)格子の旅館があり、古い温泉町の伝統を残す一方、近代旅館群が水田地帯に発展し県下一の規模を誇る。泉質は硫酸塩泉。九谷(くたに)焼の窯があり、6月のしょうぶ湯祭が有名。JR北陸本線加賀温泉・金沢・大聖寺(だいしょうじ)駅などからバスの便がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山代温泉の関連キーワード星野リゾート九谷磁器窯跡石川県加賀市加賀(市)若宮 旭登荒木悠司竹内吟秋江沼盆地塩類泉歓楽街総湯九谷紅殻名湯北陸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山代温泉の関連情報