九鬼隆都(読み)くき たかひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鬼隆都 くき-たかひろ

1801-1882 江戸時代後期の大名。
享和元年3月26日生まれ。九鬼隆郷(たかさと)の子。文政5年丹波綾部(あやべ)藩(京都府)藩主九鬼家9代となる。佐藤信淵(のぶひろ)をまねき藩政を改革した。安政2年幕府講武所総裁。明治15年1月25日死去。82歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android