コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳び尿 にゅうびにょうchyluria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳び尿
にゅうびにょう
chyluria

尿が牛乳のように真白に濁ったもので,一目でそれとわかる。血液を混じてピンク色になることも多く,これを血乳び尿あるいは乳び血尿という。白濁するのはリンパが尿に混るためで,リンパ中の脂肪が尿中で小滴となり,白濁して見える。原因としては糸状虫症 (フィラリア症) が最も多い。糸状虫の寄生によって腎臓付近のリンパ管が拡張し,リンパが腎臓に向って逆流することによる。その他,腎臓より上方のリンパ管が病的に閉塞していても,乳び尿が起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android