コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳様突起 にゅうようとっきmastoid process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳様突起
にゅうようとっき
mastoid process

骨の後下方にある大きな突起で,体表からも耳介後方で触れることができる。突起の内部は,乳突蜂巣と呼ばれる多数の小腔によって占められている。これらの小腔は互いに迷路状につながっており,最終的には鼓室の上部に連絡している。そのため,中耳炎炎症が乳様突起まで波及することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうよう‐とっき〔ニユウヤウ‐〕【乳様突起】

側頭骨の突起部。耳たぶの後ろに突出をなす。内部は蜂の巣状で、鼓室と連絡している。乳突。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうようとっき【乳様突起】

耳殻じかくの後方にある骨の突起。内側に中耳腔の一部が広がる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の乳様突起の言及

【中耳】より

…鼓膜の内側の部分は鼓膜を革と考えた円い太鼓のような空間で,鼓室cavum tympaniと呼ばれる。中耳腔はこの鼓室からさらに後方にも広がり,耳の後ろにある骨の隆起(乳様突起)の中まで伸びている。こうした末端部分では腔はハチの巣状で,蜂巣と呼ばれる。…

【頭骨】より

…頭蓋の側面には外耳道が開き,そのすぐ前に顎関節がつくられている。外耳道の後下には乳様突起,前下には茎状突起が突出して,筋の付着部をなしている。また,前方に向かっては頰骨弓(きようこつきゆう)という橋(きよう)が張っている。…

【乳様突起炎】より

…乳様突起mastoid processは耳(耳介)の後方にある骨の突起であるが,この内側には中耳腔の一部(その形から蜂巣とよばれる)が広がっている。中耳に炎症がおこり,乳様突起の蜂巣にも炎症がおよぶと,単なる中耳炎より治りにくく,症状や治療法もかわってくるので,中耳炎と区別してこの名称がある。…

※「乳様突起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳様突起の関連キーワード急性乳様突起炎(乳突炎)ラ・シャペル・オ・サン人耳痛の原因となる耳の病気耳のしくみとはたらき溶連菌と溶連菌感染症サッコパストーレ頭骨子どもの急性中耳炎トインビーの法則脳静脈洞血栓症クロマニョン人アムッド洞穴人溶連菌感染症クラピナ人首(くび)スフール人硬膜下膿瘍乳様突起炎胸鎖乳突筋化石人類ソロ人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android