コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾ドック カンドック

デジタル大辞泉の解説

かん‐ドック【乾ドック】

ドックの一。海から陸へ掘り込んだ掘割で、船を入れたあと水門を締めて排水し、船の修理作業をするもの。船の建造にも使用される。乾船渠(かんせんきょ)。ドライドック。→湿ドック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乾ドック【かんドック】

ドック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんドック【乾ドック】

船舶用ドックの一。陸地に適宜海水を出し入れできるような掘割を作り、船舶を入れてから排水して修理や清掃をするようにしたもの。乾船渠かんせんきよ。 → 浮きドック

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の乾ドックの言及

【ドック】より

…日本でも古くから木船用の簡易なドックが用いられていたが,江戸時代末期から明治にかけて西洋型の船が導入されるに伴い,石川島造船所,長崎小菅修船所などに近代的ドックが建造された。
[ドックの種類]
 ドックには使用目的によって修理ドック,建造ドック,係留(船)ドックなどがあり,形態により乾ドック,浮きドックの区別がある。(1)乾ドックdry dock 船が出入りできる深さまで掘り込んで,三方を石,またはコンクリートで固め,長さ方向の一方だけ水面に向かって開き,ここに扉を設けている。…

※「乾ドック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

乾ドックの関連キーワードディエゴ・スアレスエスクワイモルトアンツィラナナキングストンビクトリー号ファルマス浮きドックバルボアマルメー船舶

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android