コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾坤弁説 けんこんべんせつ

大辞林 第三版の解説

けんこんべんせつ【乾坤弁説】

江戸前期の自然科学書。1659年成立。全四巻。漂着したポルトガル人の天文書を転びバテレンの沢野忠庵がローマ字訳し、向井玄升が批評(弁説)を付したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾坤弁説
けんこんべんせつ

江戸期の自然科学書。転(ころ)びバテレンの沢野忠庵(ちゅうあん)が口述した西洋アリストテレス流の自然学概説書に、1660年(万治3)儒医の向井玄升(げんしょう)が弁説(原説の批評)を付し全4巻としたもの。内容は天文、気象、地学などに及ぶ。原著は不明であったが、尾原悟の研究により、16世紀末に豊後(ぶんご)国府中(大分市)で活動した神父ゴメスPedro Gomezが日本人神学生のために著述した『天球論』De Sphaeraとの類似が示された。初めて西洋の自然学に触れた玄升が、蛮人は「理気、陰陽を知らず」と、伝統的立場から反駁(はんばく)を試みている点は文化史的に興味深い。[中山 茂]
『国書刊行会編『文明源流叢書 中』(1969・名著刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乾坤弁説の関連キーワード向井元升ローマ字沢野忠庵バテレン西玄甫弁説

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android