乾式変圧器(読み)かんしきへんあつき(英語表記)dry-type transformer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾式変圧器
かんしきへんあつき
dry-type transformer

絶縁油に浸さないで使用する変圧器。従来は小容量のもの,あるいは火災防止などの特殊目的にのみ用いられてきたが,耐熱性のケイ素樹脂系絶縁物を用いガラス繊維などを処理したH種絶縁ができ,大容量のものまで使用される。また空気の代りに六フッ化硫黄のような絶縁のよいガスを用い,密封タンクに入れた乾式ガス入り変圧器も実用化されている。 (→ガス絶縁開閉装置 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android