コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶縁油 ゼツエンユ

百科事典マイペディアの解説

絶縁油【ぜつえんゆ】

変圧器,蓄電器,開閉器,ケーブルなどの電気機器に入れ,電気の絶縁,発生熱の冷却などの役目を果たす軽質潤滑油留分。固有抵抗が大きく,誘電損失が小さく,安定性が大きいなどの性能が要求される。
→関連項目潤滑油

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜつえんゆ【絶縁油 insulating oil】

電気絶縁油ともいう。変圧器,コンデンサー,遮断器,ケーブルなどの電気機器において,電気の絶縁,発生熱の除去,冷却などを目的として用いられる油。かつては石油系鉱油がもっぱら用いられたが,近年はアルキルベンゼン系,ポリブテン系,アルキルナフタレン系,アルキルジフェニルエタン系,シリコーン油系などの合成品も用いられるようになった。これらの絶縁油のうち,最も広く用いられているのは石油系製品であり,JISによる1種の1号は油入コンデンサー,油入ケーブルなど,2号は主として油入変圧器,油入遮断器など,3号は主として厳寒地以外での油入変圧器,油入遮断器などに,それぞれ用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜつえんゆ【絶縁油】

電気の絶縁や発生熱の冷却のために、コンデンサー・変圧器・ケーブルなどに用いられる油。原油から得られる鉱油と合成油がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶縁油
ぜつえんゆ

電気絶縁油」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絶縁油
ぜつえんゆ

油入(あぶらいり)変圧器、コンデンサー、遮断器、ケーブルなどの油入電気機器の絶縁および冷却に用いる油。紙で絶縁したコイルあるいは導体を油に浸して絶縁耐力を高める絶縁方式は、古くから変圧器、電力ケーブルなどに広く用いられている。用途によって要求特性は多少異なるが、不純物が少なく、電気絶縁性が優れ、化学的に安定で酸化劣化しにくいことなどが要求される。石油系原油を分留精製して得られる鉱油と、合成絶縁油とに大別される。鉱油は20世紀の初めから今日に至るまで用いられているもので、ナフテン系、パラフィン系、芳香族系の炭化水素が主成分となっている。
 鉱油は優れた絶縁油であるが、空気中で加熱されると、酸化劣化しやすい。また引火点が低く、燃えやすいなどの欠点がある。これら欠点を改良する絶縁油として、化学的に合成した合成油系絶縁油が実用化されるようになり、アルキルベンゼンやポリブテンなどがケーブルやコンデンサーなどに、ポリ塩化ビフェニル(PCB)が変圧器やコンデンサーなどに使用されるようになった。このうち、熱安定性に優れた不燃性油として広く用いられてきたPCBは、日本では1972年(昭和47)に公害問題から製造が中止された。これにかわる絶縁油としてアルキルナフタレンやアルキルジフェニルエタンがコンデンサーに、シリコーン油が変圧器に用いられるようになっている。さらに、2000年(平成12)ごろから菜種油ややし油といった植物油が、環境に優しい絶縁油として注目されている。[久保田慎・大木義路]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

絶縁油の関連キーワードポリ塩化ビフェニール(PCB)ポリ塩化ビフェニルケイ(珪)素樹脂OF ケーブルオイルペーパー電力ケーブルスピンドル油OFケーブルブッシング乾式変圧器トランス油マシン油ER流体変圧器油絶縁破壊X線管脱ろうPCB変流器原油

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶縁油の関連情報