乾熱滅菌(読み)カンネツメッキン

デジタル大辞泉「乾熱滅菌」の解説

かんねつ‐めっきん【乾熱滅菌】

高温下で滅菌を行うこと。ふつう160度から200度程度の高温下で1時間程度加することで滅菌する。高温高圧の水蒸気による滅菌と異なり、油脂などの水による変性を受けるものに向く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android