コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾田馬耕 カンデンバコウ

デジタル大辞泉の解説

かんでん‐ばこう〔‐バカウ〕【乾田馬耕】

明治末期の農地改良の方法。排水をよくして湿田乾田に変え、耕地整理をし、馬による耕作を導入したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんでんばこう【乾田馬耕】

湿田を乾田に作りかえて、馬に犂すきを引かせて田を起こすこと。明治時代に始められ、日本の稲作技術に大きな変化をもたらした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乾田馬耕の言及

【乾田】より

…まず土壌が締まり強固となるため,区画整理とあいまって,機械力の導入を可能にすることである。明治時代に北九州に始まった乾田馬耕は,日本の稲作技術の発展に一転機を画したものとされている。また乾田においては,水管理技術によって,還元土壌中で形成される有害物質を除去することができるし,寒地においては地温を上昇させることも可能となる。…

※「乾田馬耕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾田馬耕の関連キーワード坂本 理一郎仁賀保[町]斎藤 宇一郎斎藤宇一郎秋田(県)坂本理一郎阿部 亀治山形(県)庄内平野明治時代平田安吉林遠里仁賀保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android