コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井雷首 かめい らいしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井雷首 かめい-らいしゅ

1789-1852 江戸時代後期の医師,儒者。
寛政元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。亀井昭陽にまなび,その学才をみとめられて師の娘少琹の婿となる。医業をいとなむかたわら,妻とともに儒学をおしえた。嘉永(かえい)5年8月23日死去。64歳。本姓は三苫。名は源,復。字(あざな)は応竜。通称は源吾別号に雷首山人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀井雷首の関連キーワード亀井少琹儒者

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android