コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定事業比率 よていじぎょうひりつ

2件 の用語解説(予定事業比率の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

予定事業比率

徴収された保険料を元手に、保険会社がどれだけ増やせそうかという数字。仮に10人の人が1年満期の保険に入り、保険期間中に死ぬ人が1人で、支払われる保険金が100万円とすると、集めるべき保険料は、本来、100万×0.1=10万となるが、実際には保険会社は保険料を運用しているので、年10万円もの保険料ではなく、あらかじめ増やす予定の分だけ割り引いた保険料を徴収している。この、いわば割引率のことを予定利率という。

予定事業比率

保険会社の経営に必要な諸経費 。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予定事業比率の関連キーワード予定利率正味収入保険料初年度保険料純保険料率前納保険料総収入保険料終身保障プラン平準保険料全期前納元受保険料

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone