コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事実行為 ジジツコウイ

デジタル大辞泉の解説

じじつ‐こうい〔‐カウヰ〕【事実行為】

法律効果の発生に根拠となる事実の意思表示を必要としない行為。遺失物拾得・加工・住所の設定など。ただし、求められた場合は、事実の証明を必要とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じじつこうい【事実行為】

民法上、意思表示がなされていなくても、それだけで法律効果を発生させる行為。加工・住所の設定など。
行政法上、それ自体としては法的効果を発生させない行為。事実上の行為。行政指導・通達など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事実行為の関連情報