コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺失物 いしつぶつ

6件 の用語解説(遺失物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺失物
いしつぶつ

占有者の意思に基づかないでその所持を離れた物で,盗品でない物をいう。この場合,遺失物の拾得者はこれを遺失主に返還するか,または,警察署長などに届け出なければならない (遺失物法1など) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしつ‐ぶつ〔ヰシツ‐〕【遺失物】

忘れたり落としたりした物。遺失品。
法律上、占有者の意思によらずにその所持を離れた物。拾得者はそれを持ち主に返すか、または警察に届けるかしなければならない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遺失物【いしつぶつ】

占有者の意思によらないでその所持を離れた物(盗品を除く)。遺失物法(1899年)は,犯罪者または他人の置き去った物件,逸走家畜,取り違えた物件などのような誤って占有した物も遺失物に準じている。
→関連項目事務管理(法律)即時取得埋蔵物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いしつぶつ【遺失物】

落し物,忘れ物など,占有者の意思によらないでその所持を離れた物。遺失物は所有者,遺失主に返還されるべきであり,遺失物法(1899公布)が民法240条にもとづく特別法として,そのための手続を定めている。同法によれば,他人の遺失物を拾得した者は,遺失主または所有者に返還するか,警察署長に差し出さねばならない。電車,建物などの中で拾得したときはそれを管理する者を経由して差し出される。警察署長は返還を受けるべき者に返還し,その氏名・居所がわからなければ公告をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしつぶつ【遺失物】

落とし物・忘れ物。
〘法〙 所有者の意思によらずにその所持を離れた物で、盗品ではない物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺失物
いしつぶつ

占有者の意思に基づかないでその所持を離れた物、いわゆる落し物のこと。その取扱いについては、民法(240条・241条)のほか、遺失物法に詳細な規定が設けられている。なお、漂流物、沈没品も同じようなものであるが、その拾得については水難救助法が適用される。
 まず、落し物を拾った人は、落し主に返すか、警察に届け出なければならない。拾った場所が他人の家、汽車、船の中などであれば家主、車掌、船長などに届け出る。それをしないで、かってに自分の物として使ったり売ったりすると遺失物横領となり処罪される(刑法254条)。
 届け出を受けると警察は公告をして、3か月以内に落し主が現れなかった場合、遺失物を拾った人がその所有権を取得する(民法240条)。車内や船内などで拾った場合も同様である。ただし、拾い主が拾った日から7日以内(車内・船内などの場合は24時間以内)に届け出なかった場合にはこの権利を失う(遺失物法34条)。また、3か月たって拾い主に所有権が生じてからも、2か月以内に遺失物をとりに行かないと、その所有権を失うことになる(民法240条・241条、遺失物法36条)。落し主が現れた場合には、拾い主はこれに対して100分の5以上、100分の20以下の報労金(謝礼)を請求できる(遺失物法28条以下)。その額については前記の範囲内で落し主が自由に決めることになるが、具体的な事情を考慮に入れて妥当な線を客観的に決めることが望ましい。しかし、小切手など権利を表象しているにすぎない物や貯金通帳、定期券などの拾い主に対する報労金をいくらにするかに関しては問題が多い。宝くじを拾った者もその所有権を取得すれば、自分で購入した場合と同じように当籤(とうせん)金の支払いを受けることができる。なお、遺失物法では、誤って占有した他人の物、他人の置き去った物、埋蔵物、逸走した家畜なども遺失物に準じて扱うことにしている(遺失物法2条1項)。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺失物の関連キーワード中止犯遺失自主占有自主的他主占有忘れ物落し物見掛けによらない占有者安楽死と尊厳死

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺失物の関連情報