二つの道(読み)フタツノミチ

  • の 道(みち)
  • ふたつ
  • 二つ

デジタル大辞泉の解説

忠と孝の道。
「とにかくに―を思ふこそ世につかふるも苦しかりけり」〈続後拾遺・雑中〉
白居易「秦中吟」議婚から》豊家の女の行いと、貧家の女の行い。
「わが―歌ふを聴け」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 忠と孝との道。
※続後拾遺(1326)雑中・一〇八〇「とにかくに二の道を思ふこそ世に仕ふるも苦しかりけれ〈藤原為世〉」
② (「白居易‐秦中吟・議婚」の「主人会良媒、置酒満玉壺、四座且勿飲、聴我歌両途、富家女易嫁、嫁早軽其夫、貧家女難嫁、嫁晩孝於姑」による) 貧しい家の女の行ないと、豊かな家の女の行ない。
※源氏(1001‐14頃)帚木「親、聞きつけて、盃もて出でて、わがふたつのみちうたふを聞けとなん、聞えごち侍りしかど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二つの道の関連情報