二卵性双生児(読み)ニランセイソウセイジ

  • にらんせいそうせいじ ‥サウセイジ
  • にらんせいそうせいじ〔サウセイジ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 二個の卵子が同時に受精してできた双生児。各卵は別個の羊膜、胎盤を有し、胎児の性は同性のことも異性のこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二卵性双生児の言及

【双子】より

…日本ではちょうど中間くらいで,約1%とされている。
[種類と発生機序]
 双子は発生機序のうえから一卵性双生児と二卵性双生児に分けられる。一卵性双生児monozygotic twinとは,1個の卵に1個の精子が受精してできた受精卵が,2個の胚に分割して発育したものであり,二卵性双生児dizygotic twinは,片側か両側の卵巣から2個の卵の排卵がほぼ同時に起こり,そのおのおのの卵に1個ずつの別の精子が受精し,同時に発育したものである。…

※「二卵性双生児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android