コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二子城 ふたごじょう

日本の城がわかる事典の解説

ふたごじょう【二子城】

岩手県北上市にあった中世の城。二子城は、室町時代初めに和賀氏が築いて本城としてきた城である。和賀氏は鎌倉時代に和賀郡に封じられ、以来、この地に根を下ろした豪族である。南北朝時代には南朝方に属し、周囲の北朝方の武将と戦い、戦国時代も生き抜いたが、豊臣秀吉の小田原攻めの際、和賀氏は参陣しなかったため、その後の奥州仕置で領地と居城の二子城を没収された。その後、和賀氏の旧臣が蜂起して城を奪回したが、間もなく蒲生氏郷(がもううじさと)を大将とする豊臣方の大軍に攻められて落城。廃城となった。この城の主郭があったのは八幡神社付近で、曲輪(くるわ)、空堀の跡が残っており、城跡は飛勢(とばせ)城跡公園になっている。JR東北本線村崎野駅から徒歩20分。または東北新幹線・東北本線の北上駅から花巻行きバス20分で二子大門下車。◇飛勢城とも呼ばれる。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

二子城の関連キーワード岩手県北上市二子町岩崎城

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android