昼食(読み)ちゅうじき

精選版 日本国語大辞典「昼食」の解説

ちゅう‐じき チウ‥【昼食】

〘名〙 ひるの食事昼餐(ちゅうさん)昼飯。中食。午餐(ごさん)。ちゅうしょく。〔運歩色葉(1548)〕
※浮世草子・新色五巻書(1698)二「風呂敷より握飯の(チウジキ)喰しもふと始まり」 〔漢書‐蕭望之伝〕
[語誌]→「ちゅうじき(中食)」の語誌

ちゅう‐しょく チウ‥【昼食】

〘名〙 ひるの食事。ひるめし。ちゅうじき。
※海底軍艦(1900)〈押川春浪〉一〇「其昼食(チウショク)の時、一口口にした無邪気の少年は」

ひる‐しょく【昼食】

(1911‐13)〈森鴎外〉一四「午食(ヒルショク)支度もしなくてはならない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android