コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二柳 じりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

じりゅう【二柳】

1723‐1803(享保8‐享和3)
江戸中期の俳人。姓は勝見,名は充茂。別号は桃左,三四坊,不二,七杉堂など。加賀国山中の人。俳諧ははじめ同郷の桃妖,のち伊勢の乙由(おつゆう)とその門弟の希因に学んだ。長く諸国を旅したあと,1771年(明和8)大坂に居を定めて蕉風復興を心がけ,天明俳諧の有力な一人となった。編著に《除元集》《松餝(まつかざり)集》などがあり,句集に《二柳庵発句集》がある。〈うすうすと南天赤し今朝の雪〉(《津守船》)。【山下 一海】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

二柳の関連キーワード郊寒島痩・郊寒島瘦春風亭柳枝(2代)俳句(文学)春風亭柳枝長谷部桃妖小野 鵞堂黄華庵升六勝見二柳菅沼奇淵元軽白俗小野鵞堂岡井眉升六蝶夢蕪村

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二柳の関連情報