コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝見二柳 かつみ じりゅう

2件 の用語解説(勝見二柳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

勝見二柳

俳諧を長谷部桃妖和田希因に学ぶ。門に二株の柳があったことから二柳と号する。病気の為一命危なかったが回生して『不二観』を記し、それから不二・不二庵とも署している。亨和3年(1803)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝見二柳 かつみ-じりゅう

1723-1803 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)8年生まれ。泉屋桃妖(とうよう),和田希因にまなぶ。蕉風の復興を説いて全国を行脚(あんぎゃ)。二条家からは中興宗匠の称号をあたえられた。享和3年3月28日死去。81歳。加賀(石川県)出身。名は充茂。別号に二柳庵,三四坊。著作に「吉備吟草」「俳諧(はいかい)夜話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の勝見二柳の言及

【二柳】より

…江戸中期の俳人。姓は勝見,名は充茂。別号は桃左,三四坊,不二,七杉堂など。加賀国山中の人。俳諧ははじめ同郷の桃妖,のち伊勢の乙由(おつゆう)とその門弟の希因に学んだ。長く諸国を旅したあと,1771年(明和8)大坂に居を定めて蕉風復興を心がけ,天明俳諧の有力な一人となった。編著に《除元集》《松餝(まつかざり)集》などがあり,句集に《二柳庵発句集》がある。〈うすうすと南天赤し今朝の雪〉(《津守船》)。【山下 一海】…

※「勝見二柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝見二柳の関連キーワード風早公長太田九井大塚稼圃神崎寛済桜井栗堂三鍼証覚樗雲前野良庵蓑内可董

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone