コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙由 オツユウ

世界大百科事典 第2版の解説

おつゆう【乙由】

1675‐1739(延宝3‐元文4)
江戸前期の俳人。中川氏。別号は麦林舎。伊勢の人。材木商,のち神宮の御師。俳諧は初め支考に学び,のち涼菟(りようと)に従う。1698年,《伊勢新百韻》を朱反と共編し,1704年刊の《三疋猿》でも活躍する。涼菟没後は〈伊勢風〉の中心となるが,その一派は,平俗な作風の近似する支考の〈美濃派〉と共に,〈支麦(しばく)の徒〉と呼ばれた。〈花さかぬ身をすぼめたる柳かな〉(《麦林集》)。【岡本 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙由
おつゆう
(1675―1739)

江戸中期の俳人。中川氏。通称喜右衛門。別号麦林舎(ばくりんしゃ)。伊勢(いせ)国(三重県)川崎の生まれ。材木商、のち神宮の御師(おし)となり、慶徳図書(ずしょ)と称す。芭蕉(ばしょう)晩年の門人であるが、俳諧(はいかい)はおもに伊勢派の祖岩田涼菟(りょうと)に学び、師の没後は伊勢俳壇の中心となり、平俗軽妙、しかも理知を含んだ俗耳に入りやすい作風(麦林風)によって、その勢力を北陸筋をはじめ広く拡張していった。後世、一派の俳風は、支考(しこう)の美濃(みの)風とあわせて、支麦調などとそしられることもあった。
 うき草や今朝はあちらの岸に咲く[堀切 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乙由の関連キーワード俳句(文学)佐久間柳居幾暁庵雲蝶岩田涼菟尾崎康工中川乙由武藤巴雀加賀千代各務支考蕉門十哲中川麦浪なかがわ中森梅路滝田瓢水岩田凉菟滝野瓢水和田希因伊勢派滝瓢水千代女

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android