コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙由 オツユウ

5件 の用語解説(乙由の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おつゆう〔オツイウ〕【乙由】

中川乙由(なかがわおつゆう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おつゆう【乙由】

1675‐1739(延宝3‐元文4)
江戸前期の俳人。中川氏。別号は麦林舎。伊勢の人。材木商,のち神宮の御師。俳諧は初め支考に学び,のち涼菟(りようと)に従う。1698年,《伊勢新百韻》を朱反と共編し,1704年刊の《三疋猿》でも活躍する。涼菟没後は〈伊勢風〉の中心となるが,その一派は,平俗な作風の近似する支考の〈美濃派〉と共に,〈支麦(しばく)の徒〉と呼ばれた。〈花さかぬ身をすぼめたる柳かな〉(《麦林集》)。【岡本 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おつゆう【乙由】

中川なかがわ乙由

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙由
おつゆう
(1675―1739)

江戸中期の俳人。中川氏。通称喜右衛門。別号麦林舎(ばくりんしゃ)。伊勢(いせ)国(三重県)川崎の生まれ。材木商、のち神宮の御師(おし)となり、慶徳図書(ずしょ)と称す。芭蕉(ばしょう)晩年の門人であるが、俳諧(はいかい)はおもに伊勢派の祖岩田涼菟(りょうと)に学び、師の没後は伊勢俳壇の中心となり、平俗軽妙、しかも理知を含んだ俗耳に入りやすい作風(麦林風)によって、その勢力を北陸筋をはじめ広く拡張していった。後世、一派の俳風は、支考(しこう)の美濃(みの)風とあわせて、支麦調などとそしられることもあった。
 うき草や今朝はあちらの岸に咲く[堀切 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙由の関連キーワード清閑寺共綱萩之坊乗円狩野種信元文岡本友次唐金梅所田中保親土井利久堀井軒由良箕山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone