二次元(読み)ニジゲン

大辞林 第三版の解説

にじげん【二次元】

次元が二であること。例えば、平面のように長さと幅という二つの独立した方向の広がりをもっていること。 → 次元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐じげん【二次元】

〘名〙 二つの次元。特に、その状態が独立した二個の数によって定められる空間の広がり。長さと幅だけの広がり。
※映画時代(1930)〈寺田寅彦〉「実在の三次元の空間の一次元を割愛して唯二次元の断面に限定する代りに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二次元の言及

【次元】より

…ディメンションともいう。(1)数学における次元 常識的には,ユークリッドの《ストイケイア》にあるように,線とは幅のない長さ,面とは長さと幅をもつもの,立体とは長さと幅と高さをもつものとされ,また線の端は点,面の端は線,立体の端は面であるとされている。このような理由で,点を0次元,線を1次元,面を2次元,立体を3次元の図形と呼んでいる。このことは点の位置は解析的には線上では一つの実数で,面上では二つの実数の組で,立体内では三つの実数の組で表されることに対応している。…

※「二次元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次元の関連情報