二次汚染(読み)ニジオセン

デジタル大辞泉の解説

にじ‐おせん〔‐ヲセン〕【二次汚染】

人の活動によって排出された物質が、大気や水・土壌中で化学変化を起こして別の物質になり、環境を汚染すること。オキシダントなどの例がある。
汚染源に接触した人や物品を介して、ほかに汚染が広がること。雑菌のついた食品を切った包丁で別の食品を切り、全体に雑菌が広がるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次汚染の関連情報