コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次維管束 にじいかんそくsecondary vascular bundle

1件 の用語解説(二次維管束の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次維管束
にじいかんそく
secondary vascular bundle

植物の維管束のうち,茎あるいは根の形成層から内外両方向へと新たに形成されてくるもの。茎の場合,内側に二次木部,外側に向って二次師部が生じる。最初から存在する初生維管束に対して,特に二次と呼ぶが,直径の肥厚していく通常のいわゆる木本では,材の大部分は二次木部から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の二次維管束の言及

【維管束】より

…また前形成層分化と葉原基発生の因果関係は,茎の維管束が葉の維管束の集りであるかどうかという古くから議論されてきた問題と関連し,実験形態学的研究がすすめられているが,両者は相補的な関係にあるといわれている。一次維管束のほかに形成層から由来する二次維管束がある。形成層から内側へ二次木部(材),外側へ二次師部が分化する。…

※「二次維管束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone