二次維管束(読み)にじいかんそく(英語表記)secondary vascular bundle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物の維管束うちあるいは形成層から内外両方へと新たに形成されてくるもの。茎の場合,内側に二次木部,外側に向って二次師部が生じる。最初から存在する初生維管束に対して,特に二次と呼ぶが,直径厚していく通常のいわゆる木本では,大部分は二次木部から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の二次維管束の言及

【維管束】より

…また前形成層分化と葉原基発生の因果関係は,茎の維管束が葉の維管束の集りであるかどうかという古くから議論されてきた問題と関連し,実験形態学的研究がすすめられているが,両者は相補的な関係にあるといわれている。一次維管束のほかに形成層から由来する二次維管束がある。形成層から内側へ二次木部(材),外側へ二次師部が分化する。…

※「二次維管束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android