二番生え(読み)ニバンバエ

デジタル大辞泉の解説

にばん‐ばえ【二番生え】

一度刈った草などが再び生えてくること。また、そのような草。
次男。
「内儀のない息子、―の手代などに」〈浮・禁短気・三〉
後妻、継母
「針ほどを棒とは母の―」〈柳多留・初〉
愚かな者。
「―の若者、心玉を取られ」〈浮・新色五巻書・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にばんばえ【二番生え】

草などが一度刈ったあとにまた生えてくること。
二番目のもの。
次男。 「錦戸刑部が-/浄瑠璃・先代萩」
後妻・継母など。 「針ほどを棒とは母の-/柳多留
やや愚鈍な若者。 「 -の若者心玉をとられ/浮世草子・新色五巻書」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android