二番茶(読み)ニバンチャ

大辞林 第三版の解説

にばんちゃ【二番茶】

一番茶を摘んだあと二度目に摘んだ茶。タンニンが多い。
下級の茶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

にばんちゃ【二番茶】


➀その年、2回目に出てきた新芽で作った茶。茶の木は新しい芽が伸びる時期が年に複数回あり、日本では4月下旬~5月上旬、6月下旬~7月上旬、7月下旬~8月上旬、初秋の4回のところが多いが、その第2期に摘採した茶葉を使用したもの。一番茶にくらべ、茶のうま味成分であるテアニンの含有量は少なく、渋味成分であるカテキンの含有量は多い傾向がある。
➁一番茶をいれた後の茶葉が入ったきゅうすに、再び湯を注いでいれた茶。一番茶にくらべ、濃く苦みが強い。⇒一番茶

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二番茶の関連情報